会社概要

会社概要

AQUATECHはシステム設計、診断改良、設備製造、工事施工、デバッグとメンテナンス、運営管理を一体化した環境総合サービス会社である。

AQUATECH傘下会社:
蘇州澳藍亜特科技有限公司——業務ドッキングプラットフォーム
錦澳亜太平環境保護科学技術(蘇州)有限公司——技術ドッキングプラットフォーム
日本AQUATECH株式会社-環境保護機器および環境消耗品の研究開発および製造
韓国錦江環境システム工程株式会社-環境保護技術の研究開発と継続的改善

世界で難しい環境保護がないようにする

専門チーム

李 国 春

代表取締役
経済学修士号を取得し、アクアティックジャパン会長、環昇SOLAR株式会社社長、中国国電集団海外事業部副総、阪急阪神東宝グループ-SUBARU興業専務を歴任

朱縁

CEO
経済管理学士。 MENARD化粧品株式会社企画専務、 米国パークソングループのブランド開発マネージャー、 蘇州工業園区科学技術公園工業開発会社商業運営部長 を歴任

朱 曙

COO
工学修士、KEDACOMシンガポールマネージャー、KEDACOM(メインボード上場会社)海外事業部長、製品開発部長を歴任

鄭 善 龍

CTO
環境工学博⼠学歴、韓国KKENG社長、韓国産業協会推進委員会副委員長、忠南産業園計画審査委員会議員、忠南商工連合会会長、湖西大學教授を歴任

森 永 義 備

チーフエンジニア
機械高級エンジニア、蘇格雷環境設備株式会社のエンジニア 、日本アクアテク株式会社の社長、チーフエンジニア を歴任

16名の日韓院士、21名の博士、41名の高級エンジニア、国家環境科学院、韓国国家エネルギー協会、韓国国家科学技術大学。

日本技術振興協会、日本産業協会、日本国際振興協会、日本エネルギー協会。

韓国国立環境科学院、韓国国家エネルギー協会、韓国国家科学技術大学。

Awesome Image

企業文化

私たちは国連の持続可能な開発目標を支援する企業である。
天と地の間で、私たちは素晴らしいイベントのためにここにいる。
私たちは「生命の源を守り、緑の環境をつくる」を企業理念とし、「政府の安心、市民の満足、企業の収益、従業員の利益、パートナーのWin-Win」の使命を守る。
「責任、価値、分かち合い」をコア価値観とする会社の発展において、私たちは常に「水長清、業長青」という企業ビジョンを堅持し、環境保護領域の偉大な企業に向って努力して邁進して、私達は引き続き環境保護事業のために自分の力を貢献する。

技術特許

当社は、環境保護/省エネ分野の57件の特許を含む完全に独立した知的財産権を有しており、そのうち33件は発明特許である。現在もコアテクノロジーの研究開発に投資している。

連絡先

日本本社
〒271-0086 千葉県松戸市二十世紀が丘萩町276
tel: +81-47-701-7070
fax: +81-47-701-7057


中国本部
蘇州市工業団地星湖街999号
tel: +86-512-62830038


韓国本部
407,95, 2gongdan 2-ro, Seobuk-gu, Cheonan-si, Chungcheongnam-do
tel: +82-41-621-4600
fax: +82-41-621-4604