河道湖

松江石湖蕩の浄化槽のパイロット試験

石湖蕩の浄化槽の試験、2011年1月に開始され、2012年1月に終了し、処理能力は8t / dで、約60人にサービスを提供した。
実験は最初から最後まで1年周期で行われ、水温、農業種、流動人口などの要素が試験結果に反映され、農村の汚水処理の現状をより良く反映することができる。

実例(バイオロープ)

雲南省テン池の40万立方メートルの富栄養水域は浄化され、水域内の有機窒素と全窒素は脱窒ベッドプロセスによって除去される。
脱窒ベッドの脱窒材料はPP + K-45バイオロープである。
土工布伝導流により,水を脱窒素ベッドに導入し,先端に曝気装置を用いて水体に酸素を充填する。

微量汚染の場合、有機窒素転化率と全窒素除去率はいずれも40%を超えている。
水域が富栄養化を示すとき、窒素の還元効率はより高くなる。
PP + K-45バイオロープの独自の構造と繊維は、硝化細菌と亜硝化細菌の増殖を維持し、それによって脱窒効率を向上させることができる。

杭州生態河川建設プロジェクト

建設河川の長さは約1キロで、平均幅は15メートル。
かつては汚染の多い川でしたが、川沿いの汚染源が水域に流入し、水域の栄養分が増加したり、夏に藻類が集中して発生したり、環境や生態系に影響を及ぼしたりしていた。

生態河川の建設内容は、2つのステップに分けられます。
1つ目は、川の底にバイオロープ材料を敷設し、人工的に膜を掛けて水域の自己浄化能力を向上させること。
2つ目は、川岸と中央に生態学的な浮島を追加して、水域の植生面積を増やし、生態学的景観の機能を強化すること。

和歌山県河道の処理例

事例概況
タイプ:生活排水
処理量:100,000トン/日
処理目的:河道汚泥処理、悪臭除去及び水質改善
サービス内容:・方案設計・施工・運営指導・消耗品供給(特殊凝集剤-PLAST)
設備:高濃度曝気設備、再生式活性炭設備、薬剤添加システム
処理結果:悪臭が完全に除去され、COD除去が99%に達し、川の中で魚類が明らかに増加した。

河川浄化の実績

河道浄化処理代表の業績:接触酸化システム案の提供及びバイオロープの供給

山東省東営市五干排主河道浄化、総長さ36 km
山東省東営市東営河道浄化、総延長24 km
浙江省杭州市生態河道建設、総延長1 km、幅15 m
雲南省テン池の40万平方メートル富栄養水体は浄化され、脱窒素床プロセスを使って水体の中の有機窒素と総窒素を除去した。
山東省寿光市生態河川浄化、全長16 km
山東省シ博市馬踏湖の人工湿地の水体の浄化の業績など…