ニュースセンター

弊社は多結晶半導体加熱炉実用新案特許を取得しました。

2020年2月22日

より良くアルミニウム型材料加工企業の電気エネルギーを低減し、生産コストを削減するために、弊社は一年間を通して、当社の国際特許を利用して、電気加熱省エネ発熱部品を研究して、省エネ(節電)効果が際立つ金型恒温炉を開発しました。

業界の同種の製品と比較して、この金型の恒温炉は節電、寿命において大きな性能向上を実現し、知能制御特性を備えています。

  1. 節電効果:アルミ鋳型加熱炉は昇温段階で、従来技術より30%-50%省エネできます。恒温段階では従来技術より30%-50%省エネできます。
  2. 使用寿命:一般金型の恒温炉の抵抗線加熱素子の寿命は普通6-12ヶ月で、新型の技術で使用される多結晶半導体加熱素子の寿命は3年~5年に達する。
  3. 知能制御:元の抵抗線の電力は一定で、電力の大きさは自由に調節できません。新しい技術で使用される多結晶半導体加熱素子は、智控システムを通じて、鋳型炉内の温度の高低に応じて、自ら出力電力を調節できます。