ニュースセンター

日本信越米国、日本工場生産廃液精製システム

2020年7月12日

最近、Aquatech Japan(日本)では、日本信越化学工業株式会社-米国、日本工場の廃液精製システムが落札されました。

日本信越化学工業株式会社:信越化学工業株式会社(Shn-Ets Chemical Co.Ltd.,TYO:4063)は1926年の創立以来、「品質誠実と信用、技術卓越」の品質理念を貫き、半世紀余りの発展を経て、独自に開発したポリ塩化ビニル、有機シリコン、セルロース誘導体などの原材料は米国、日本、オランダ、韓国、シンガポール、中国(台湾を含む)などの国と地域で世界規模の生産と販売ネットワークを確立しました。ハイテク材料のスーパーサプライヤーとして、信越グループは最先端の技術と製品を提供し続けています。その半導体シリコン、ポリ塩化ビニルなどの原材料の供給は世界でもトップです。我が社はたゆまず努力して、高いレベルのシステム設計とシステム製造能力で、信越グループの日本と米国の工場の生産廃液抽出システムを標的にしました。同時に、弊社も優良なサービスを提供して、信越グループの「長期優良サプライヤー」という称号を獲得しました。現在、双方は世界的な協力を展開しています。