ニュースセンター

Aquatechは、蘇州相城区渭塘町のごみ中継基地の浸出液処理システムの入札を落札。

2020年12月31日

蘇州は、全国の生活ごみ分類管理における46の主要都市の1つであり、食品廃棄物処理を中心に、市内全体で家庭ごみ分類作業を幅広く実施してきた。

このプロジェクトでは現在、蘇州の厨房余剰ゴミ収集試行は徐々に運営されているが、厨房余剰ゴミの収集と初歩的処理の後、高汚染のゴミ濃縮液が発生する。これらの濃縮液の排出は非常に大きな難題となってて特に厨房生ゴミの処理試行は中継所に配置されていって、中継所の面積と投入は限られているので厨房余剰ゴミ濃縮液の無害化処理を行うための大型汚水処理施設の建設は難しい。

当社は、セラミック平膜MBRシステムと高難度廃水に対して設計された電気分解システムを採用して、優れたコストパフォーマンスと敷地面積を前提として、廃水の一級排出と再利用処理を実現し、本当の無害化処理効果を達成した。本プロジェクトは国内厨余ゴミ処理分野の第一級排出及び再利用システムであり、その技術的処理は国内で絶対的な主導的地位にある。

プロジェクトのハイライト
一級排出:本プロジェクトの原水CODは70000に達し、BODは25000に達し、動物油脂は6000に達し、原水指標は非常に劣悪であり、我が社のシステム処理を経て、管網の一級排出指標に達することができた。
中水再利用:排出された部分の水は、中継所の車両洗浄と散水車として使用され、無害化された資源の再利用を実現した。
敷地面積が小さい:全システムの敷地面積は200平方メートル以下で、直接に中継所などの小型エリアに配置し、収集地の直接処理を実現した。