KHC MBR

開発背景及び特許

KHC MBRプロセス開発の背景
工業廃水、食品原材料製造廃水の排出は徐々に拡大している。
高濃度廃水(食品廃水、埋立場浸出水など)の排出が徐々に拡大している。
MBRプロセスを高濃度の廃水に適用すると、膜の閉塞が頻繁に発生する。
平膜の流量を増加する必要があり、閉塞を同時に防ぐ。
凝集能力の不足により、総リン処理施設の効率低下につながる。

KHC MBRプロセス特許
融合型汚水高度処理システム(特許第10-352924号)

KHC MBRプロセス特性
汚染物質除去の原理
有機物除去

水中に含まれる有機物は、酸素供給がスムーズな状態で好気性微生物に摂取され、摂取した有機物を生化学的手法で急速に酸化・分解して安定させ、生成した微生物は堆積平板膜の濾過により高液分離して除去される。

ショット及びスクリーンスロット
巨大な固形有機物と不純物を取り除く

膜分離好気性槽
好気性微生物+有機物+ O2→新しい微生物細胞+ H2O + CO2 +Energy

活性汚泥微生物の変化により、曝気槽の状態(曝気状態、F / M比など)が把握できる。

形態:固体または裏返し表面の飽和性
裏返し:大きくて丈夫で、分散状の菌が少ない
微生物:鹿毛目繊毛虫類>鞭毛虫類、根足虫類
Vorticell,Epistylis,Opercularia,Carchesium,Aspidisca

形態:大型かつ油溶性または飽和性
裏返し:圧密性がなく部分的に分散した状態
微生物:鞭毛虫類、根足虫類、鹿毛目繊毛虫類
Lionotus, Chilodonella,,Oxytricha, Paramesium,,Cephalodella

形態:小型かつ油溶性または付着性
裏返し:小型かつ散発的、分散細菌が多い
微生物:鞭毛虫類、根足虫類>繊毛虫類
Colpidium, Glaucoma,Oikomonas,Peranema,Paramesium, Bodo

窒素除去

アンモニア窒素は硝酸細菌によって硝酸窒素に転化する。
曝気槽と膜分離グループを構成し、硝化効率を向上させる。

Facultative Bacteria(通性嫌気性細菌)による脱脂作用で、N 2は待機中に脱気させる。
流入した有机炭素を分離し、豊富な有机炭素を確保する(窒素除去効率を向上させる)
無酸素槽(脱ガス槽)から2つの槽を構成され、脱硝効率を向上する(脱硝を妨げる要因DOを除去する)

リンの除去
バイオリン除去(リンの放出)
リンを過剰に摂取した微生物(PAOs)は、嫌気性条件下で有機物を細胞内に貯蔵し、その過程でリンは細胞外に排出される。
嫌気性槽(脱リン槽)

バイオリン除去(リンの過剰摂取)
リンを過剰に摂取する微生物(PAOs)は、好酸素条件下で細胞内に蓄積された有機物を利用して、過剰なリンを摂取する。
曝気槽,膜分離槽(好酸素槽)

リンの追加除去
化学的除去
曝気槽で除去できないリンは、加圧懸濁プロセスで除去される。

反応槽(化学反応)
PAC、ALUMの凝集剤で凝集する

凝集槽(凝集効果を向上)
反応槽内に凝集した有機物は、ポリマーを使用して凝集効果を最大化する。

加圧懸濁槽(凝集汚泥を除去)
加圧懸濁装置を使用して、凝集槽内の極大スラッジを除去する。この場合、リン、EPS、SMPなどだけでなく、微生物代謝物質も加圧により懸濁装置で除去できる。

プロセス比較