PLAZUMA汚泥減量化

汚泥産出減量型深度処理システム
PLAZUMA装置を活用し、汚泥の再生利用を通じて汚泥処理問題を解決する。

エネルギー低消費型下水及び排水深度処理システム能源低消费型下水以及废水深度处理系统
PLAZUMA装置を活用して膜汚染問題を解決し、低コストの消費分離膜利用を実現した下水・廃水処理システム。

MBR工程概要及び膜汚染問題の解決
PLAZUMAを利用した低エネルギー消費型MBRシステムの開発
PLAZUMA技術を導入した分離膜結合型深度処理システム
PLAZUMAの分離膜結合型深度処理システムにおける膜洗浄の動作方式

Sludge Solubilization :MLSS, MLVSS,MLVSS/MLSS,SCOD

Activated sludge floc and/or cells are damaged  disrupted and disintegrated
The organics inside the floc and/or cells burst and flow out to the bulk solution

技術効果と市場展望
技術面
システムの簡略化とセット化
mbr市場技術の優位性確保
システム内の汚泥生産量を減らすとともに、返送した炭素栄養源を活性汚泥処理プロセスに再生利用できる。
汚泥の再生利用化や膜汚染除去技術の確保で、技術価値を最大化した. 経済効果面
環境にやさしい低エネルギーの技術確保
二次汚染物質は発生しない
エネルギー消費低減(1 kWh/m 3)
汚泥処理費用の低減(固廃処理コストの低減)
市場展望
大型都市下水処理場の建設とアップグレード改良
化学工業廃水、特殊分野の廃水処理場
国際、中国、韓国、日本独自の技術